小型家電リサイクル法

対象は普段使っている小型家電

小型家電は、市区町村や小型家電認定業者マークのあるお店で回収しています。
市区町村により異なりますが、回収ボックスに持参して投函すると費用はかからないところもあります。
最大辺が30cmを超える場合は粗大ごみ扱いになり料金が発生する自治体が多いようです。

認定事業者は出張回収や宅配便回収サービスもしています。
回収費用、リサイクル料、出張料などが必要です。
データ消去サービスを依頼することもできます。
箱単位での回収もあり、大量に回収を依頼する場合はこちらの方が手間が少なくて済むかもしれません。

電池やバッテリー、電球、蛍光灯管は回収できないので、取り外して市区町村が定める分別にしたがってください。

企業で使用していたパソコンや携帯電話等は、企業から認定事業者に回収を依頼しなくてはなりません。
市区町村や国の認定事業者は、回収されてからリサイクルされるまで、盗難対策をして管理しています。

パソコンの回収とデータ消去

パソコンは、自治体で回収できない品目がありますが、製造メーカーに回収を依頼できます。
2003年10月以降に販売のリサイクルマークが貼付されたものについては無料です。
シールが剥がれていたり汚れたりすると無効になることがあるので、気をつけてください。
それ以前の製品や自作パソコンは、製品・部品の購入店に回収依頼をします。

パソコンのデータ消去は回収業者に依頼することもできます(有料)。
ご家庭で自分で行う場合は、消去ソフトの利用かハードディスクを取り出すかどちらかになります。
その名のとおり堅いハードディスクを取り出して破損することは非常に危険ですので、専用の消去ソフトを使うのがよいでしょう。
初期化(リカバリ)してもデータ復元は可能ですので、データ消去を行うのが望ましいでしょう。
回収業者が推めるデータ消去のフリーソフトもあります。
有料のものはスピードが早く手間が少ないようです。


この記事をシェアする